ちょこっと家族旅行に行ってきました〜。

小さい子供を連れての旅行はしんどかったですが...

妻と子供は楽しそうにしてたので、良かったかな!

ついでに沖縄では、中々ないので

NBAグッズのショップでマグカップ購入!

唯一の僕の買い物でした(泣

f:id:SouthernThomas:20170606151846j:image

ということで、始まりましたね!

2016-17のファイナル!

旅行中ということで、記事を書きたくても書けない

そして眠りたいという状況でした!

帰ってきて、睡眠時間を惜しんでGame1を観戦!

いやはや、ウォリアーズの快勝!快勝!

去年みたいな危うさを感じさせることもなく

キャブスの出方に合わせて対応。

チーム全員が意思統一されたように

オフェンス/ディフェンスで

コートバランスよく展開している印象でした!

ちなみにファイナルの結果予想も書きましたよ。

souththomas.hateblo.jp

去年の事があるので、全く油断は出来ませんが

上記の記事で書いた

キャブスの守備面の課題

というのが、やはり大きそうですね。

キャブスは良くも悪くも大黒柱の

レブロンの存在感が圧倒的でして

攻撃面でも守備面でもレブロンの負荷が高く

攻撃面ではKDの長い手足による守備に苦しみ

スクリーンでマークマンのスイッチをさせようにも

レブロンのオンボール時は

スイッチと見せかけファイトオーバーが多く

P&Rを仕掛けようにもウォリアーズの守備は

しっかりと圧力をかけるのでパスも困難。

守備面では、ウォリアーズ得意のオン/オフボールに

関係なくスクリーンを多用する攻撃で

KDの姿を見失うことも多く

トランジッションからの攻撃では

カリーとトンプソンがアウトサイドをチラつかせ

中央をKDなりグリーンなりが突破と

アチラコチラで集中力が乱される。

結果、レブロンといえども疲労が増える...

 

正直、プレイオフに入ってからの

レブロンはリーグ最強というのは否定できず

そのリーグ最強の選手を止めるには

ウォリアーズのようにスター選手を抱えつつも

チームオフェンス/ディフェンスが出来るチーム

じゃなければ、倒すのは難しいんでしょうね...

 

それにしても、ウォリアーズ強い!!

確かにアンチじゃなくても

プレイオフがつまらなくなったと

文句を言いたくなるNBAファンが出るのも

仕方ないかと思うのですが

ウォリアーズファンとしては

リーグNo.1の総年俸チームであるキャブスが

攻撃/守備でどうにもならず

スピーディなウォリアーズのバスケを見るのが

最高に気持ち良いのです!!!

でも、キャブスのホームに移動しての

Game3/4では、さすがに苦戦するでしょうね。

Game1ハイライト