実はアルトサックスやってるんですが、何を使ってるかとか

あまり書いた事が無かったので、この機会に残しとこうと思います。

 

本体:Selmer SERIE Ⅲ ネック:シルバー製ミレニアム(2000年)モデル 

f:id:egosama:20131013190857j:plain

SERIE Ⅲが発売された当時、何も分からず新製品というだけで購入。

ある程度吹けるようになって、いろんな楽器を試して自分なりに感じた事は、

Ⅲはクラシック向きの上品な音色が出せる楽器。

悪く言えば、音が細くてパワーが無い。

自分は呼吸のパワーがあり過ぎる方らしく

しばらくの間この楽器を持て余してた感がありましたが、

新しいネックとマウスピースとの出会いにより、ストレスはかなり解消されました。

やっぱりセッティング大事。

 

ネックが特別なのは音を変えたかったからではなく、

ノーマル製が曲がってダメになって、その時に

楽器屋さんにはこれしか無かったので購入。

でも使ってみたら程良い抵抗感で、音がやや太くなり

響きも良くなったように感じました。

ゴールドやブロンズは音が上品で華やかになる印象ですが、

シルバーは自然な感じですね。

 

マウスピース:ARB Metal #7 リガチャー:付属品

f:id:egosama:20131013192111j:plain

SAX始めてから、マウスピースやリガチャー(リードを止めるパーツ)は

いろいろ試したり買ったりしました。

昔はクラシックやジャズの音も好みだったし、

自分がどんな音を作っていけばいいか分からず悩みました。

しかし、やはり自分はポップス・フュージョン系の

マイク乗りのいい音色が好きなのだという結論に達しました。

 

ビッグバンドにも参加していたので、しばらくの間はジャズっぽい音も出しやすい

ヤナギサワメタル #6を使っていました。

 

で、数年前にARBメタルに出会い、初めて吹いた時に

パワフルな鳴りとブライトな響きに驚きました。

「ベルライト」という、ステンレス系の特殊な金属製らしいです。

パワーがあり過ぎてリードミス(雑音)が出やすいとか、

高音が細くなりがちなどの短所はありますが、

良くも悪くも独特なクセのある響きは、このマウスピースでしか得られません。

ここ数年はいろんなメーカーから高品質のメタルマウスピースが出てますが、

自分は今後もずっとARBを使い続けようと思ってます。

 

リード:WoodStone 3 1/2

f:id:egosama:20131013193530j:plain

リードもマウスピース同様、いろいろ試してきました。

通常、アルトサックスのリードは10枚入りで約¥3,000ですが、

これは5枚入りで約¥1,800と割高になっています。

しかし高いだけあって、品質は最高と言っていいでしょう。

このリードにしてみたら、明らかに音が太くなり、響きも良くなりました。

タンギングやベンド(音を曲げる)などの反応も非常に良いです。

おそらくどんなマウスピースにも合うと思うので、ジャズプレイヤーにも

超おススメです。